• このエントリーをはてなブックマークに追加

高校留学で人気となっているイギリス

イギリスは高校生の留学先としては比較的メジャーとなっています。英語圏の国には他にもアメリカやカナダ、オーストラリアなどたくさんありますが、それぞれに特徴が異なっています。ここを留学先として選択するメリットの1つが英国英語を学べるということです。日本で学ばれている英語は基本的にアメリカ英語です。一方、ヨーロッパの国の中には英国英語の方が馴染みがあるケースも珍しくありません。米国の英語と英国の英語は側から見ればよく似ているようにも思えますが、実際に話してみると意外と相違点が多いです。また、発音に関しては大きく異なると感じるかもしれません。これから先も米国の英語をベースに英語を話すとしても、英国英語を体験しておくことは大きなメリットです。これが高校留学で人気になっているポイントの1つと言えます。

政府によって引き上げられている教育水準

イギリスは他の国に比べて極端に私立学校が少なく、公立学校が多いという特徴があります。もちろん、学ぶ上では私立であっても公立であっても特に問題はありません。この公立学校が多いという特徴はそれだけ政府が教育にお金をかけているという表れです。そのため、基本的な教育水準が高く保たれています。産業界と結びついている学校も多く、教育水準の引き上げに貢献しています。海外で就職するつもりがなくても高い教育水準を体験できるのは魅力です。アメリカやカナダに比べると日本人と出会う機会はやや少な目です。これは英語を使わないとなかなか生活が難しいということでもあります。この環境が自らの英語力を高める要因になります。しっかりと学ぶ姿勢が求められるということでもあります。

アクセスの良さも大きなメリット

イギリスは島国ですが、他のヨーロッパの国々との距離はそれほど遠くありません。そのため、休みの日になれば、他のヨーロッパの国々の観光地などにも出かけることができます。高校留学では言語の学習だけでなく、文化に触れることも目的となっているケースが多いのでこのアクセスの良さも人気の理由となっています。格安の航空便などを利用すれば少し離れた国々にも簡単に訪れることができます。異国の地で交通機関を駆使して移動することは大きな経験になります。勉強の合間に様々な国に出かけることは結果的にグローバルな視野を獲得することにも繋がります。高校留学で得られるものは決して語学力だけではないので、色々な国に訪れることができる状態を確保できるのは大きなメリットと言えるでしょう。